インターネット回線を使用するという強み

昨年、日本だけでなく世界中が震撼した東日本大震災。
東日本大震災では多くの人々が犠牲になりましたが、
中でも聴覚障害者を持った方々は犠牲になった方が多くいらっしゃったようです。

昨年は自然災害はとても多く、犠牲になった方が多くなってしまった一年でした。
大震災だけでなく大雨による被害や竜巻など様々な自然災害が起こりました。

聴覚障害をお持ちの方々にとってこういった自然災害は本当に恐ろしいものでしょう。
聴こえづらい、聴こえないといったことが命に関わることになってしまう出来事です。
たくさんのライフラインも途絶えてしまいます。

震災直後の公衆電話

電気が…水が…ガスが…電話が…

だからこそ多くのライフラインを持っていたいものです。
災害のとき一番強いと言われているのがなんだか知っていますか?

インターネットです。

しかし、インターネットは電気がないとできないのでは?
とお思いの方もいるでしょう。

インターネットは携帯電話からもできます。

携帯電話は繋がりにくい状態にはなったりしますが
携帯電話のインターネット通信は一番強いといわれていて
繋がる率が一番高い
のです。

事実、震災直後は電話は繋がらなくても
TwitterやFacebookなどを使って安否の確認を出来たという方は多かったはずです。

そんなとき、インターネットFAXがあったらどうでしょうか?

携帯電話ひとつでFAXを送ることができますし、
紙も本体も必要ありません。

インターネットから電話回線のFAXにも
行政にももちろん送ったり受けたりすることもできますから、
ネット回線を使用して救う命だってあるかもしれません。

携帯電話、スマホ、メール、固定回線…そしてインターネットFAXを
増やすことで自分を守るライフラインがひとつ増えるかもしれません。

インターネットという時代の強みはFAXにも活きています。

 

こちら