オンラインFAXの需要について

聴覚に障害を持つ人が一番恐れている行為というのは いきなり背後から肩などを叩かれることだそうです。

聴覚障害者は周りの音が殆ど、または一切聞こえません。 そのため後ろから人がやってきても気づかないことがほとんどです。 背後から急に体を触れられたら一般人である私たちでもびっくりします。

それが聴覚障害者となるとなおさらでしょう。 目の不自由な人には盲導犬や点字などのように 障害者に適したサービスが施されていることが多いのですが、 聴覚障害者向けのサービスというのはあまりありません。 最近販売されたオンラインFAXはそれに該当するかもしれません。 ファックスというのは声や音が聞こえない聴覚障害者にとっては 唯一のコミュニケーション方法だと言えます。

しかし、もしファックスが故障などで使えなくなってしまったらどうすることもできません。 修理をお願いしようとしても耳が聞こえないため 電話などで話し合うことができない訳ですから。

このサービスを使用していればこのような問題とは無縁になります。 このサービスはネットワークを利用して送信などを行っているため 専用の機器を使用する必要はありません。 機械の故障を気にすることなくファックスを使用することができます。 また、オンラインFAXというのはよくある複合機よりも 低コストですむというのが大きな魅力です。

聴覚に障害があると補聴器などの医療費にお金をかけることになりますので 安い費用で使用できるというのは大きなメリットであると言えるでしょう。 は今後沢山の人々から、特に聴覚障害者からの需要が高まっていくことでしょう。

 

新しい時代はそこに!

ファックスというと時代としてもうひと時代が通過してしまった感があります。 しかし聴覚障害者の方々にとってはファックスは、とても大切な通信手段で欠かせないものです。 なぜなら、自分の気持ちや言葉を伝えるとても重要な役割をしてるからです。

聴覚障害者向けにファックスのサービスは充実しています。 まだまだそれでも足りない部分は多いと思いますが、それでもできることってたくさんありますよね。

しかし、ファックスは外では使えないというのが最大の弱点ではありませんか。 FAXは紙に書いたりパソコンなどで打った文字などを紙に印刷してから流すという作業をしなければなりません。 受信の時は機器本体が印刷をしてその紙を確認することで成り立ちます。

しかし、オンラインFAXは違います。 送られてきたFAXをメールで読むことができます。 インターネット状で読むこともできます。 送るときのメール画面やインターネット上のメッセージ作成画面などでメールの感覚で打ったものがメッセージ化されFAXへと送られていきます。

もちろんオンラインFAXだけでなく、普通の電話回線にも送受信が可能です。 携帯電話やノートパソコンなどのインターネット環境を持ち歩いてる方であれば外出先でもファックスを使えるというのがオンラインFAX最大の強みです。 外出先でファックスが使えないことがとても不安だったという方々もオンラインFAXがあれば解決しますよ。 オンラインFAXと電話回線のFAXは違いますが、しっかりとしたサービスです。 オンラインFAXはデジタル化が進むこの時代の中では新たなファックスの時代として活用されていくことでしょう。 機器本体が必要のないファックス、それがオンラインFAXです。

 

コチラ