耳が不自由な方でも楽々操作

聴覚障害者の方が機械などを操作する時に 最も恐れることは故障などで動かなくなった時です。

例えばファックスを操作していると急に動きが止まってしまったとします。 普通なら色々な手段でファックスが動くかどうかを確かめていくでしょう。 どうしても動かなかった場合でもメンテナンスセンターなどに 問い合わせれば大抵のファックスは元通りにすることができるはずです。

しかし、聴覚に障害のある人はそのような問い合わせを行うことができません。 それは例え問い合せたとしても相手側の声が聞こえないため まともにやりとりを行うことができなくなってしまうからであります。 どうしても機械を直して貰いたい時は直接電気屋さんを訪れて 身振り手振りを交えながら用件を伝えるしか方法がありません。

このように耳に障害があると機械が故障した時における 対応が難しくなるという欠点があります。

ただし、最近は障害者向けに開発された 商品というのも沢山販売されています。

ファックスで例を挙げるならインターネットFAXがそれに該当するでしょう。 通常の複合機よりも低コストですむというのが魅力的ですが、 実は聴覚障害者にとっても大きなメリットが存在します。 インターネットFAXは電話回線ではなくネットワークを使用します。 このため機械が故障したりするということはまずありません。 故障することがないため耳が不自由な人でも 安心してFAXを利用することができます。

障害者向けの商品やサービスというのは沢山ありますので、 何かしらの障害がある人はインターネットFAXのように どのような人にでも利用できるようなものを使用するのが良いかもしれません。

 

コチラ