複合機がなくてもファックスできるインターネットFAX

業務で欠かせない機器の一つとして、FAX機をあげる企業は多くあります。インターネットが普及している現代でも、情報のやり取りにFAXは広く活用されているからです。そのため、オフィスには必ずといっていいほどFAX機が設置されています。それが壊れてしまったら、業務に支障をきたしてしまうことでしょう。

オフィス機器の故障は、お客様に迷惑をかけることにつながります。オフィスに何台もあり、代替がきく機器ならともかく、オフィスに1台しかないような機器の故障は大変です。早急に対処する必要に迫られることでしょう。ファックスの故障にすぐに修理対応してもらえればよいのですが、担当者がなかなか来てくれない、修理に日数を要する、修理するより買い替えをすすめられるなど、予定外のケースも多々あります。

専用のFAX機を使用せずファックスの送受信ができるインターネットFAXなら、このような問題は発生しません。インターネットFAXはインターネットに接続できる環境さえあれば、ファックスの送受信ができる(サービスを提供する会社によって異なります)サービスです。媒体として紙を使用しないペーパーレスのFAXで、オフィスのパソコンだけでなくスマートフォン、従来の携帯電話・タブレットなどから使用することができます。

インターネットFAXは、これまでオフィスにあったようなファックス機を必要としませんので、FAX機の故障やそれを防ぐためのメンテナンス、消耗品(紙やインク)の購入が不要になります。これは手間隙という面だけでなく、コスト削減にもつながります。インターネットFAXは、わずかな初期費用と月額の基本料金に使用料(枚数や情報量によって加算される)で利用できます。もし、インターネットFAXを導入している端末が壊れても、別の端末につなぐことができるので、FAXの故障により業務に支障をきたすということがほとんどありません。これまで使用していたファックス機の故障は、インターネットFAX導入のチャンスといえるのです。

また、インターネットFAXは新規オフィス立ち上げにもぴったりです。どれだけ利益を上げられるか未知数の新規オフィスでは、高価なオフィス機器を装備するにはリスクがあります。コストを抑えるためとして中古ファックスを探すよりも、初期費用を抑えられ使用コストも抑えられます。狭いオフィスの中に無理矢理ファックス機を設置する必要もないので、省スペースでしっかり動線が確保された快適なオフィスをつくるのに有効です。

インターネットFAXには、電話回線を使用するFAXと同じように番号が付与されます。番号はIP番号となることが多いものの、契約会社を選べば03局番や全国各地の局番を取得できるところもあります。したがって、お客様の目に触れる機会が多いFAX番号にこだわることもできるのです。

コスト削減になる上、オフィス環境をより快適にしてくれるインターネットFAX。これまでのFAX機を廃止して、インターネットFAXを導入してみませんか?

 

コチラ