聴覚障害者向けのFAX

耳が聞こえないというのは生活していく上での大きなハンデとなります。

例えばファックスを使用する時。 相手側にすぐに用紙などを送付することができる便利な機械です。

しかし、いくつかのデメリットが生じる可能性もあります。

まず、用紙がないと使用することができないということ。 必ず切れることのないように用紙などを準備しておく必要があります。 急にファックスを使用しなければならないという時に限って 用紙が不足しているというのはよくある話です。

また、インクなども前もって準備しておかなければなりません。 そして、聴覚障害者にとって一番問題になるのはファックスが故障してしまった場合です。 普通なら壊れたとしても修理に出してしまえば問題はありません。

しかし、聴覚障害者は耳が不自由であるため電話などで 問い合わせを行うことができないのです。

このため一度壊れてしまえば買い直しをしたりしない限り ファックスを使用することができなくなるのであります。

では、聴覚障害者は使用を控えるべきなのかといえばそうではありません。 実は耳が不自由な人でも簡単に使いこなせるサービスもあるのです。 インターネットFAXってご存知でしょうか。

その名のとおりネットワークを通して送付などを行うファックスのことです。 インターネットFAXは用紙などを一切使いません。 そのため通常の複合機に比べて経費が安く収まります。

また、ネットワークによって文章の送付などを行いますので トラブルなどが発生することもほとんどありません。 問合わせなどを行う必要がないため耳が 不自由な人でも安心して使用することができます。

聴覚障害のある人は複合機よりも インターネットあを使用することをおすすめします。

 

コチラ