ネットファックスの最大の魅力とは?

耳が不自由な方というのはコミュニケーションをとる手段として ファックスを使用することが多いそうです。 確かにファックスで文書を送受信したりするのは手紙のやりとりを行うことに似ています。 なかなか自分の意思を伝えられない聴覚障害者にとっては 最も適したコミュニケーション手段だと言えるかもしれません。

ただし、従来のファックスでは不満を感じる人というのも増えてきているようです。

例えば送受信速度の遅さです。 ファックスはその性質上文書を送信したり受信するまでには ある程度の時間がかかります。郵送などと比べれば速いものの、 やはりコミュニケーションをとり合うのだったらよりスピーディーな方が良いでしょう。

また、故障する恐れがあるというのもネックです。 聴覚障害者はその体質上会話でのやりとりを行うことができません。 そのため修理の依頼、特に電話での依頼をすることができないのであります。 修理を依頼するためには知り合いに依頼をお願いしてもらうなどの 手間をかけなければならないのが本人にとって辛いことだと言えるでしょう。

そんな中、耳が不自由な人にとって大変嬉しいサービスが展開されています。 ネットfaxや別名インターネットFAXとも呼ばれるものを知っていますでしょうか。

これはインターネット回線を利用することで文書の送受信、 つまり複合機と同じ機能のサービスが受けられるようになっているものです。 これによって低コストの実現や、故障する確率を下げて誰でも 簡単にファックスを使用することができるようになりました。

特に、後者は聴覚障害者にとって大変ありがたいサービス内容だと言えるでしょう。 従来のファックスで不満を感じるという方はこの新しいサービスを利用してみては。

 

聴覚障害者の生活をよりよいものとするために

現代は障害者にとって大変住みにくい環境にあるようです。 それは障害者向けのサービスが少ないというのが一番の理由に当たります。 周りにある建物やサービスというのは一般人を対象にしたものばかりであるため障害者が利用できるサービス等はかなり限られてきます。 そんな中聴覚障害者向けの新しいサービスが大きな話題を集めています。 ネットfaxというものを耳にしたことがあるでしょうか。

その名前の通りインターネットに接続することでFAXが利用できるサービスとなっています。 従来のFAXでも聴覚障害者のコミュニケーション手段の役割を果たしていましたが、ネットfaxではそれがさらにパワーアップしたものとなっています。 まず、一度に大容量の文書を送ることができるということ。 企業等にもよりますが、ほとんどのネットfaxでは一度に1000個以上の宛先に送信できるということが多いです。

このためほぼ同じ時間により多くの相手先にFAXを送ることが可能になりました。 また、送受信のスピードも向上しています。

通常のFAXでは混雑しやすい電話回線を使用していたため時間通りに原稿などが届けられないということが相次ぎました。 ネットfaxは通信回線としてインターネット回線を使用しています。 そのため従来のようになかなか相手先に文書等が届かなくなるということがなくなりました。 ネットfaxなら時間をかけることなく文書による会話をやりとりすることができることでしょう。 聴覚障害者の方で連絡手段などに不便を感じたら是非ネットfaxサービスをご利用なさってみて下さい。

 

コチラ