聴覚障害者でも使いこなせるインターネットFAX

聴覚障害の人にとって一番不便に感じるのは
やはり周りの音が聞こえないという点でしょう。

例えば周りの音が聞こえないと車の音などが聞こえなくなってしまいます。

前方の車は目で確認できるかもしれませんが、
後方の車となると視覚や聴覚で存在を確認することができなくなってしまいます。
そのため交通事故に遭う確率も飛躍的に上がってしまう訳です。

また、聴覚障害者というのは不意に体に触れられるのを嫌がるそうです。
人はもしもしなどと声をかける時相手の肩などに触れる傾向があります。
普通の人にとっては一般的な行為だと思うかもしれませんが
聴覚障害者にとっては大変危険な行為として恐れられています。

耳が不自由だと相手側の声が聞こえません。
つまり、聴覚障害者にとっては不意に体に触れられた感覚しか残らないのであります。

音もなくいきなり体に触れられると私たちでもびっくりするはずです。
これが聴覚障害のあるお年寄りだった場合ショックで重体になる可能性もあります。
聴覚障害者にとって現代は住みにくい世の中になっているかもしれません。

しかし、最近は聴覚障害者向けのサービスや
商品が頻繁に行われ開発されています。
代表的なのがインターネットFAXです。
通常の複合機のように電話回線を通してではなく
ネットワークを通して文章などを送信します。

FAX機器が故障してメンテナンスサービスに
問合わせたりする必要がなくなるため聴覚障害者でも
安心してFAXを利用することができます。

耳の不自由な人でも簡単に利用できますので、
是非その効果を体感してみて下さい。

 

コチラ